ぷるぷるの唇を演出!リップグロスを使って魅惑の女性に変身

ミニチュア

大人可愛い女性の共通点を見てみると、ぽってりとした唇美人が多い傾向です。また、下唇がぷるんとしたアヒル口の流行りもあって、今の時代、唇の形をぷっくりボリュームアップさせることが大人可愛いへの近道になっています。そうした意味でもリップグロスは塗るだけでぷるぷるとし、整形級ともいえる魅惑の唇へと仕立てることができるコスメです。今は、荒れがちな唇も一瞬にして縦ジワの目立たない、ぷるりとしたなめらかな唇に仕上がる美容成分配合のものもあります。また、一般的なグロスオイルは溝に沿って落ちますが、コートシリコンならば弾力ある厚いつや膜をキープできます。透明タイプでは、ルージュの発色を活かすこともでき素の唇の色に左右されず、明るく鮮やかに発色します。他にも高輝度パールや色付きもあるので、つやだけじゃなく唇の形、持ちの良さ、潤い感などをプラスできます。

リップグロスは落ちやすいので、使う・塗るタイミングを間違えないようにしたいものです。飲食前には塗らないことも大切で、カップにグロスが付着してしまいますし、グリッターなどの大粒のキラメキも、飲食時に口元を汚しがちです。また、ベースやアイメイクを終えて、全体のバランスを見極めてからリップメイクは施します。普段、リップクリームのみという方も、口元の輪郭がぼやけがちになるので、保湿した後、ルージュを塗り、その後リップグロスを重ねるのがオススメです。リップクリームが保湿を担い、ルージュで色をのせ、つややボリュームをグロスが担います。さらに、使うタイミングはTPOに合わせるため、ベストタイミングは異なります。デートでは、キスをすると彼の唇にグロスが移ってしまうこともあるので、雰囲気を汲み取ることも大事です。職業上、ナチュラルメイクでならば、アフター5で使うこともポイントになります。縦ジワのせいで、ルージュが滲みやすい、にごって見える時に、つやをもつグロスの本領が発揮されるベストタイミングです。光なども集めやすく、昼間よりも夜のリップメイクにも使えるコスメです。

口元